fc2ブログ
発達障害について 2012.10.16 (火)
ある日突然、普通だと思っていた子供が「障害がありますよ。」と言われると

親はきっと、うろたえるだろう。

特別なことじゃなくて、個性ととらえてと前向きに捉えよう。


わかってはいるが、前向きになるには時間がかかる

本人が一番困っているんだから、親がしっかりサポートしてあげなきゃ。

そりゃーそうだが、凹みますよ〜

この時は家が散らかったぁ〜、片付ける気がしなかった


病院で言われたように、学校の先生に説明しに行っって

水戸黄門の印籠のように診断書を出して話してみたら、

「これを預かって、相談します。」

ん?帰れってか? 誰と何を相談するんだ?

「私とまず相談して下さい。学校でのことは先生しかわからないので

 教えてほしいんですよ。病院にも説明しないといけないので。」


どれぐらい困り具合がありそうかを調べないといけない、

それによっては、支援クラスの方がいいかもしれないし・・・


この先生が、場面緘黙を教えてくれたから感謝をしているが、

先生が「情報処理能力が弱いらしい。」が信じられないみたいで、

「学力は普通だし、国語の読み取り問題も点数がいいのに?

 本も学年で一番読んでると思いますよ?。」


そうなんですよね・・・知能には問題がないんですがね・・・

でも、そうらしいんです。


それを踏まえてもらって、やってほしいサポートを伝えた。

授業中に発言をさせないでほしい事や、音楽で声を出さないことを

叱らないでほしいこと、図工の時間に手助けしてほしいこと

そして、気にしてあげて声を掛けてほしい事を話した。

「わかりました。声かけも意識していきます。ただ、特別扱いはできません。

 全員で発表しなければいけない授業があり、彼だけしなくていいとは言えませんので・・・」

 そりゃそうだ、ひいきしているとか言われるもんな・・・



これで少しは緊張しないですむかな?

子供にも伝えた、「先生にお願いしたから、授業中に当てられないと思うよ。」

すごく喜んだ。 

やっぱり、当てられたらどうしようと不安だったんか・・・

「でも、全員で発表するのは、一人だけやらないのはズルイでしょ?

 だから、やらないとダメなんだよ。」

「わかった〜


この後も何回か学校と話したが、

「問題行動がないので普通クラスでいいでしょう。友達もいるし。」

イヤイヤ問題行動が問題じゃなくて、本人が困ってるかどうかが問題です。

確かに友達がいるので、普通クラスのがいいかなとは思うが・・・


先生が声を掛けるようになって、「小さい声だけど、話してくれるようになりました。

先生が喜んでる、それはもう、

「クララが立ったクララが立った自分でたったわ〜

こんな感じだ。


よほどうれしかったのか、連絡帳にも書いていた。

ただ、話しかけただけなんですが・・・


子供に聞いてみた、「先生と何話したの?すごく喜んでたよ

「家庭科の事で質問しただけ・・


なんでもいいさ

ドンドン話してくれ




にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://dearhappy224.blog.fc2.com/tb.php/165-76a92aaa