上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私が行っている病院の先生に



「ADHDは基本的には障害ではないからね。」



そう言う考えをお持ちのようでして


そう言う性格なんだよってな感じなのですが


上の子に関しては、確かに障害があると言っても差支えがない状態かなと


爆弾発言をしてくれました。



学校からの再三の薬を飲ませたらどうか?の意見にも



「必要がないのに飲ませるなんて無理、薬によって改善される部分と

薬によっての副作用とを考えて、必要がないので学校に手紙でも

書きましょうか?もっと勉強して下さいって(笑い)」



そうなの?先生?本当に?



「うん、本当ですよメリットとデメリットを考えて

デメリットの方が大きいのに、処方は出来ませんよ。

自分が扱い方が分らないからって、薬でなんとかと言われても

そんなに簡単に出せるもんじゃないし、先生が副作用の心配は

してくれないでしょ?」



そうなんですが・・・・


薬でコントロールして良くなった子がいるので


下の子にも効くのかと・・・・



「そうですね、飲ませた方がいい子には状態を見ながら出しますが

下の子君には薬のメリットは少ないですよ。

多動でもないし、子供に危害を加えたりもしないし

自分なりの理性をもってるし、それをコントロールもしてる。」



ですが先生には暴力をふるって噛み付いていますが・・・・



「ああ~担がれて噛んだヤツね。あれは相手が悪いでしょ(笑い)

お母さんも思うでしょ?下の子君は悪くないじゃない。

噛み付いた行為は悪いし、ダメだと教えないといけませんが

むやみやたらに噛み付いたりしてないでしょ?

サポートの先生に噛み付いたりした?しないでしょ?

彼の中に彼なりのルールがあるけど、それを少しづつ

世間のルールも入れていけばね。」



どうだろう、この絶対に薬は必要がないと言う気持ちの固さ。




毎回のように聞きますが、全く必要が無いとの事です。



学校からの薬を飲ませてみては?のアピールが凄いんですが


ええ~いお前が知識が無いだけだろう?って手紙に書いてやる勢い・・・




療育の先生にも必要がないと言われているし


私も絶対に必要とは思ってはないが・・・・



集団行動などや公共の場所などで問題があるなら考えますが


そこらでは意外と大人しくしてくれるので


困る事はないんですが・・・・・



それにしてもADHDは障害ではないってのは?




「ADHDを障害と言うのは現在も議論されてるところで、

確かにそう言う脳のタイプがあるけど、治っていく事が多いんですよ。

大きくなって何の問題もなく社会生活を送れて行く人が多いんです。

大きくなって特性が見当たらない人もいるんです。

それを障害と呼ぶのはどうか?と言うことです。

発達の仕方が違うと言うだけの見方が多いんです。」




え?そうなの?治るって言いました?


障害なのに治るの?



「そうなんですよ。治りますよ。ただね、その特性から1番大事な時期に

怒られまくるでしょ?なかなか認めて貰えなかったり、理解されにくかったり

その事による2次障害の精神的な方が治りにくいし問題なんです。

ADHDの特性が問題というよりは、そっちが大問題です。

だから小さいウチに適切な対応が必要なんですよね。

下の子君も大きくなれば、忘れっぽい短気な子と言う普通の大人になりますよ。

問題は自尊心を育ててあげて、変な2次障害を起さすに

楽しく過ごせる環境を作るって事ですよ。

これが1番大事な事だし、それを薬を服用しないと出来ない子なら

もちろん服用を勧めますよ。」



ふ~~ん、そうなのか???


上の子は違うんですね???



「う~~ん、上の子は大きくなったから出来るとかにはならないですね。

手先が器用になることもないですし、情報の処理が早くなることもないし

お母さんが不思議がる、目の前の物を探せないって言うのも

治るというものではないですから・・・・

でもね。学習能力が無いわけではなんだから、学習していくんですよ。

これは出来ないから、こうしてみようって対処の仕方を覚えていければ

治らなくても問題がないでしょ?それを本当に根気がいると思いますが

必ず身になりますからね。

医者や学者なんて多いですよ~~~。」




そうなのか・・・・上の子は・・・・



「それにしても、真逆な特性2人だから大変でしょうね。

下の子君の特性が酷く出ているのは学校だけでしょ?

それ以外では問題なかったのに、ここまで問題になるのは

学校の環境によるところが大きいですよ。

勉強が遅れてもいいんですよ、やる気になれば追いつけますから

無理せずに見守るという勇気が親には必要な時がありますから

焦らなくても必ず良くなりますよ。

今の担任とは良い関係を築くのは無理だろうなぁ~

もう拒絶に近い感じですから、それを認めてあげて下さいね。」



やはり3年生は諦めるか・・・・



よし4年生に掛けるか!!!



「だいたいね絶対数いるADHDと言う特性を持った子供にたして

学校の先生が適切な対処ができないだけですよ。

勉強する機会なんて山ほどあるんだから、学校で酷い2次障害になる子が

多いんですよ、これは大人になっても引きずるんだから大問題ですよ。

基本的な生活習慣はキチンとして下さいね。

学校は無理しない程度で行ければ今はいいんじゃない?

ダラダラと家で過ごさすのは絶対にダメですよ。

家で作った決め事は守らせて下さいね。

お母さんは怒らずに大らかでいてあげて。」




怒らずに大らかって・・・・


非常に難しいんですが・・・・



下の子の場合はこう言われました。




ADHDと言っても千差万別の特性があるので


対処の仕方も、それぞれなんでしょうが


こんな風に言われました。




もう迷いまくってブレブレだったんですが


言われた事を消化するにも時間が掛かってしまって


書いてませんでしたが、そんな風に言われたんで


ご報告まで・・・・・



本とか読むと障害って書いてあったりするし


もう一体全体なんなんだよ・・・って思っていました。



良く考えたら、どっちでもいいなと気づきました。




org.jpeg 



そうそう、こんな感じでした。


ところで耳はどうした?


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

大掃除を始めなきゃ~~絶対に始めるぞ~~~


発達障害 ブログランキングへ

掃除・片付け ブログランキングへ

猫・多頭飼い ブログランキングへ

出来れば、ポチっとお願いします。










 
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dearhappy224.blog.fc2.com/tb.php/946-cef7c3e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。